真夏は意外にも寒さ対策が必要になることがある

毎年夏になると、自宅でも職場でも学校でも、暑さ対策が必要になります。みんなで熱中症や脱水に気を付けて、健康に過ごすように心掛けるのです。そのためにはクーラーや扇風機などを効果的に使い、睡眠や食べ物などにも注意をして過ごします。それが当たり前の日本の夏なのです。
しかし、そんな日本の夏でも意外なことに寒さ対策が必要になることは少なくありません。それはどういう意味かというと、職場などでの過剰冷房による寒さ対策のことです。多くの職場では一つの冷房システムで部屋全体を一括して冷やそうとするのですが、温度管理が難しいことがあるのです。すると部屋の中で比較的よく冷える場所と冷えない場所が出てしまい、冷やしムラが現れてきます。そうなると運悪くよく冷える場所で働く社員は、鳥肌が現れるほど寒くなってしまうことになるのです。
こうして暑い真夏の季節であるにもかかわらず、実際に寒さ対策が必要になることもあるのです。実は私も毎年のように、そんな寒さ対策を行っている者の一人です。ミュゼ vライン 効果